新年の挨拶。輸入ビジネスには2つのことが必要です。

2018年10月27日

新年最初のブログとなりますが、明けましておめでとうございます。木下ゆうたです。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、2017年はあなたにとってどんな年だったでしょうか?

躍進の年?

後退の年?

激動の年?

はたまた例年どおりの年だったでしょうか?

 

ぼくにとって2017年はまさに「挑戦の年」でした。

 

一つはブログの開設です。

 

PC初心者のぼくには、1からブログを組み立てることは非常にたいへんなものでした。

サーバーレンタル

独自ドメイン取得

ワードプレスの準備

HTMLの勉強。

どれもはじめてのことなので最初は戸惑いましたが、マイペースになんとか情報発信できる環境をととのえることができました。

 

ほかにも、新しい儲かる商品の開拓です。

 

これまで取りあつかっていた儲かる商品の相場がくずれはじめたので、手遅れにならないうちに次の儲かる商品をいくつか確保。

 

やはりと言いましょうか。
新しい商材を取りあつかうとき、最初は利益の読み違いをしがちでしたが、リサーチをとおして試行錯誤をおこないなんとか安定的に利益をだせるようになってきました。

 

「え?儲かっている人は百発百中で利益のでる商品を見つけ出しているんじゃないんですか??」

こんな声が聞こえてきそうです。

 

ぼくもそうでしたが、このビジネスに入りたてのとき、ぼく以外の儲かっている人たちは皆コツをつかんで赤字をだすことなく利益を叩き出しているものだとばかり思い込んでいました。

しかしこれは理想からくるただの思い込みでしかありません。

 

どんなに利益をだしている人でも赤字はだします。

たとえ月100万円稼いでいるかたでも、300万円稼いでいるかたでも必ず赤字をだしてしまっている商品をもっているものです。

しかし赤字以上に黒字をだしているから儲かっているのです。

 

どんなビジネスにおいてもそうですが、必要なのは経験値試行錯誤になります。

 

時間をかけ、試行錯誤をかさねてその精度を高めていくのがぼくたちの「力」でありむずかしい部分なのです。

 

ところがこれは見方をかえれば、時間をかけて試行錯誤をくりかえしながら商品リサーチをおこなえば、誰にでも稼ぐことができるとも言い換えれます。

 

あなたの2017年はどんな年だったでしょうか?

 

今年は、

時間をかけ、経験値試行錯誤をつみかさねた実りのある一年にしていきましょう。

追伸

やり方はこのブログに一通りしるしてあります。

ぜひバックナンバーを読み返していただきあなたの利益につながるはずです。

 

木下ゆうた
 

スポンサーリンク