ボロ市。世田谷にあらわれる日本有数のフリーマーケット!

2018年10月27日

昨日は新宿で物販コミュニティーの忘年会でした。どうも木下ゆうたです。

 

ぼくの得意分野はeBay→ヤフオクの輸入ビジネスですが、中国輸入、輸出関連、国内転売と色んなスペシャリストの方々とお逢いしたくさんの貴重なお話を聞くことができ、すごく刺激をうけました。

みなさん向上心がものすごかったです。

 

近々中国輸入や国内転売にも力を注ごうと思っていたので心強いコネクションができました。

 

ぼくは事情により終電で帰りましたが朝までコースに参加したかったですねー。

それにしても飲みすぎました(笑)

 

 

 

ところであなたは「ボロ市」をご存知ですか?

世田谷区の、
世田谷駅と上町駅の間でおこなわれている日本有数のフリーマーケットです。

世田谷のボロ市

400年以上も続く歴史ある骨董市で、
出店舗数は700店にものぼり、その規模の大きさも有名な理由のひとつです。

 

ぼくは今回はじめていってみましたがとにかく広い!

大きな会場を貸しきって開催されているのではなく、町の商店街がすべてフリーマーケット会場となっていました。

そっちょくな感想は、1日ではまわりきれないと思いましたね。広すぎました(汗)

東急電鉄世田谷線の世田谷駅で電車をおりてホームをでると、さっそく左手の個人宅で不要品が売られており、なんとも羨ましいところに家があるなーと思いました。

 

いざ歩いてまわるとさまざまなお店が出されていましたよ。

雑貨屋さん
着物屋さん
古本屋さん
おもちゃ屋さん
アクセサリー屋さん
時計屋さん
生地屋さん

ありとあらゆる商品がかなりお安く売られています。

さすが骨董市というだけあって、古い商品も多く、子供のころに見たおもちゃななど発見できてなつかしさにも浸れました。

食べ物屋さんも多く出ていたのでちょっと遊びにいくのにもいいと思いますよ。かなりの群衆ではありますけど(汗)

今回知人と2人で行ったのですが、同行した方は女性受けの良いものを狙っており、ディズニーや有名なメーカー商品などを中心に選んでいました。

その狙いは正しいと思います。

今も昔もやはりブランドものは強いですからね。

中には10円商品なんてものもありましたよ。

 

今日その方から報告があったのですが、
さっそく200円で仕入れたミッキーのアクセサリーがメルカリで1000円で売れたそうです。

単純計算、利益率500%

これはかなりすごい利益率ですよね。

 

その方が買っていた商品の多くは200円ものでしたが、1品辺りの仕入れ額を400円までと決めていました。

そしてこの手の市は値引きができるので、

「複数買うからまけて」といえば高確率でちょっと安くしてくれます。

日本人は結構そういうの言いづらい人種ですけど(笑)

 

仕入れ額を決めて仕入れすることは非常に効果的ですし、物販における基本でもあります。

がこれがなかなか難しくもあります。

 

じつはこの方、10日前にメルカリで家にある不要品を売ってお金になったのがきっかけで、ボロ市に行ってみようと思いついたそうです。

だれに教わるわけでもなく感覚で商売の基本を知り、実践していた辺り才覚があるなと感じました。

 

 

フリーマーケットでは個人で行っているお店を狙うのがオススメです。

個人の多くは素人さんですから相場より安く売っている場合がよくあるんですね。

 

じっさいに、あるお店では、

「これいくらですか?」

ときくと、奥のほうで

「これいくらにする?」

という会話が普通に聞こえてきました(笑)

 

 

あなたもまずはいらない日用品を売って、「売ること」に慣れるのもいいかもしれません。

「売ること」に慣れるうえに資金もできます。

 

ちなみに街でみかけるリサイクルショップなどは、ヤフオクを基準にしているところが多いのでやはり転売目的で仕入れるのであればフリーマーケットが良いですね。

このように仕入れ先はeBayや米国アマゾンだけではなくたくさんあります。

 

ボロ市は、朝9時から夜20時まで開催されておりますが18時に閉まるお店もあります。

なので狙い目は初日の朝早く、もしくは最終日の夕方くらいです。

初日にいけばお宝はもっとたくさんあるでしょうし、最終日終わり付近にいけば店じまいなのでかなりまけてくれます。

2019年新年の1月15・16日もボロ市は開催されますのでお近くであれば足を運んでみてはいかがでしょうか?

世田谷のボロ市

 

木下ゆうた
 

スポンサーリンク