きれいさっぱり不安から開放されよう。PayPalとは私たちのつよい味方である。

2018年10月27日

PayPal?

PayPalってなんだっけ?

とあなたは思うかも知れませんが、ここでかんたんにおさらいをすると、

PayPalとは、クレジットカード番号を相手に知られることなくお買いものができるシステムのことです。

どうも木下ゆうたです。

 

ネットで買いものをするときは、カード番号や利用期限、セキュリティー番号を打ち込んでくださいと表示され、すべて相手におしえてはじめて商品を買うことができます。

 

もちろん相手がしっかりとしたお店であればその番号を悪用するなどとは考えにくいですが、これが個人経営のお店だとちょっと気がひけます。

商品は買いたいので結局はぜんぶおしえるわけですが、どこか不安がのこってしまうものです。

 

日本国内のやりとりでさえすこし不安なのに、海外の個人を相手に買いものをするとなるとハードルはぐーんとあがってしまいますよね?

 

そこでPayPalが間に立ってくれ、メールアドレスを使い、クレジットカードとアカウントをつないで安心して利用できるサービスがPayPalなのです。

「んー忘れちゃった・・」

であっても全然だいじょうぶです。ここであらたにおぼえてもらえばいいですし、基本的には一度登録してしまえばあとからいじるような部分でもないので特に問題ないです。

 

ただこれが、

 

買ったけど商品が届かない・・・

届いたけど壊れた状態だった・・・

注文した商品とちがうものが届いた・・・

偽物だった・・・

中身がゴミだった。。。

 

などなど、悪意にせよそうでないにせよ、なんらかの理由でトラブルに発展してしまった場合にもこのPayPalがつよい味方になってくれます。

 

さいしょにいうと、個人的にはPayPal経由で問題が解決しなかったことは一度もありません。

それくらいこころ強い味方なんです。

 

 

eBayでちょくせつセラーにクレームをつけてもいいですが、やはりひとすじ縄ではいかないことが多く、たとえ解決したとしてもそれまでに何度も英語でやりとりをしないといけないですし、ほんとに返金してくれるのか不安な日々がつづきます。

ちなみにeBayの運営サイドにトラブルが起こったと助けをもとめることを「ケースオープン」といいます。

こちらにくわしく解説しているサイトのURLをそえておきますので、一度のぞいてみると勉強になると思います。

http://ebay.373tm.com/?page_id=114

 

「うう英語・・・」

 

と思ったかも知れませんが、PayPalだとその心配がありません。

 

問題がおこったら、PayPalトップページにあるヘルプから「問題解決センター」に電話で問い合わせをすれば、日本語でオペレーターのかたが対応してくれるので英語をつかう必要がありません。

 

オペレーターさんは外国のかたですが、ぼくらネイティブ級に上手な日本語です。

 

これまで5回以上電話をしたことがありますがみなさんすべて普通に日本語をつかっていらっしゃいました。

きっと相当の努力をされたのだと思います。すごい・・。

 

 

そこで買った商品のことに質問をされるので、素直にちゃんと説明するとPayPalサイドが審査してくれます。

もともとこのPayPalはeBayの子会社だったこともあり、かなり正確に審査してくれ、数日程度で結論をだしてくれるのでストレスをかかえることがあまりありません。

 

しかも、最悪セラーさんが何の応答もないときでも、強制的にセラーさんのカード情報から返金処理をしてくれるので非常にこころ強いです。

 

PayPalを使うことによって相手にカード情報がバレないだけではなく、トラブルがあった場合でも責任をもって対応してくれるので安心して買いものができます。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

だまされるかも・・

 

と、もしあなたが心配していたのであれば、

何かあればPayPal!

と覚えてもらえば、仕入れの際も安心して購入することができるのではないでしょうか?

PayPal URL

 

追伸

中国や韓国、東南アジア系のセラーさんは基本的に偽物を出品していると考えてもらって問題ないので、くれぐれもそれらの国からは買わないようにしてくださいね。

これは文化の違いなのでしかたがありません。

ほかにもなにかわからないことがあれば気軽にご質問ください。

きっと過去のぼくの経験が役にたつと思います。

 

木下ゆうた

 

スポンサーリンク