落ち込みやすいメンタル。回復したいときに押さえるべきたったひとつのこと。

2018年10月27日

12月も1/3が過ぎさりいよいよ年末がすぐそこまでせまってきました。来週には輸入ビジネス仲間と忘年会なのでわくわくしているぼく、木下ゆうたです。

 

さて、eBayからヤフオクへ出品する「輸入ビジネス」についてたくさんお話をしてきましたが、もうあなたは行動にうつされたでしょうか?

「うーん。。まだです・・」

と、どこからか聞こえてきそうですね(笑)

 

でも大丈夫。だいたいみんなさん最初はそんなものなので心配しないでください。

 

行動にうつせないから「うーん」っとなやむ。

これはうらを返せば現在進行形で「自分とたたかっている」ということです。

なやまない人はそもそも自分とたたかってさえいません。

 

不安や未知というのはおおくの人にとってはストレスです。

なかには興味のあることや、期待がある分野に挑むときはストレスよりワクワクが勝ることもありますが。

 

それでも人はつねにかんぺきではないので、いつかは壁にぶつかってしまいます。

ぼくも例外ではありません。

 

つまり何かに立ち向かうことはいつだって自分とのたたかいなのです。

 

そして連戦連勝でありつづけることは不可能といっていいでしょう。

 

ときには初戦で敗北することだってあります。

もしかしたらいまのあなたがそうなのかも知れません。

 

このビジネスには永久追放もなければ初戦敗退もありません。

であれば、いつだって挑めますし何度でも再起できるということ。

 

何かに挑戦した。

そして負けた。

試合や仕事で。なにより自分に。

 

そんなあなたに伝えたい言葉があります。

ぜひおぼえておいてください。

 

大事なのは

起き上がることです。

 

負けたことにくよくよしてしまいそうになることもあるでしょうが、そんなときはまず自分にとって最大に効果的な方法でこころを癒し、そして最後には起き上がり勝つのです。

 

ぼくの場合、効果的な癒しは寝ること。あとはお笑いの動画をみるです。

 

あなたは何をしているときが楽しいですか?

どんなことでストレス発散しますか?

 

つらいときは素直にその痛みを認める。

 

誤解をしてほしくないのが、ぼくはけっして逃げればそれでいいと良いといっているわけではありません。

 

最終的に勝つ努力をするべきだといっているのです。

 

その上で距離をおくことや、気をまぎらわせることも重要なのです。

 

起き上がって最後には勝つ

 

 

この個人貿易もそうですが、なんの仕事でもかならず壁が立ちはだかります。

 

できれば逃げることなく、ノーミスでタスクをクリアするに越したことはないのですが、最終目標は達成することです。

 

そのためには負けても何度でも立ち向かう必要があります。

ときにはパワーを充電し、いちど自分のペースに持ち込む必要だってあります。

 

一番避けるべきは、それすらゆるせず結局は目標を達成できない事態。

 

 

大事なのは

起き上がること。

 

もし、個人貿易をやろうと思ったけど結局行動できずに

「あーやっぱり自分はだめだ・・」

 

と感じてしまっても、ぼくから言わせてもらえば全然だめじゃないです。

むしろそれが普通ですし、そう感じただけあなたには成功するチャンスがあると思います。

 

だってあなた自身のなかで自分と戦っているなによりの証拠じゃないですか。

 

あとはタイミングを見計らって起き上がるだけです。

 

 

 

明確な目標があるのであればあとは起き上がる。

 

これさえ意識して、あきらめさえしなければ必ず達成できます。

多くの偉人がそうであったように。

そしてぼくがそうであったようにです。

 
木下ゆうた

 

スポンサーリンク