eBayのアドバンスド・サーチを使いこなせ!「使えない理由」は使わないから!

2018年10月27日

最近は家に引きこもって仕事ばかりしているので、気がつけば外はすっかり寒い季節となっています。雨が降るたびますます冷え込んでくるんでしょうね。

どうも、木下ゆうたです。

 

日本人はほんとに英語ができない人が多いもので、英語アレルギーなるものを発症します。英語長文をみたら気がとおのきそうな気分になるあれです(笑)

何を隠そうぼくもその内の一人でした。といっても未だに英語は中学生レベルのものしか扱えませんがw

 

オークファンでよさ気な商品を見つけても、ebayでなんて検索していいのか分からないことってありませんか?また、見つかったと思って検索しても全然ひっかからいことなど。。

 

対処法としては、

・Google翻訳に掛けて変換してもらった単語をつかう

・日本の出品者さんが使っている英単語をそのままコピペしてつかう

・Google検索で英語表記がないか調べてみる

・該当しそうな単語が見つかったなら、足したり引いたり、並び替えて検索してみる

 

特に何の単語を使ったらいいのか全然わかんないってことがよく起こります。そんなときはその単語を範囲指定して

 

右クリックすると “googleで「バンソン」を検索(S)” とか出てくるので、そこからGoogleに飛んであげると

 

こんな風にスペルが出てくるのでそれをもとにebayで検索するといいです。

 

片手を動かすだけですぐに知りたい情報が手に入るなんでホント便利な世の中になりましたよね。

 

使えるものはつかう、そして早くそのことに慣れるというのが大事になるので、あなたもどんどん使って身につけてください。

そしてそれはモチベーション低下防止にもつながるので、ぜひクセにしてほしいものです。

 

 

そうして見つけた単語をつかってebayでどんどん検索していくわけなんですが、検索ヒット数が1000件とか5000件と出てくると「うえっ」て思いますよね。

たしかにそういったところにお宝が眠っていることもあります。

以前別の記事でお話した「マイセン (meissen)」とかもそうなんですが、一般的に広く出回っているものを1~2ワードとかで検索をかけてると、とんでもない数の商品が出てきます。

ただそれを一個一個しらべていては眠れる商品を見つける前にこちらが眠くなります。

 

なのでワード数を増やしてなるべく絞ってリサーチしていくのが鉄則です。

さきほども述べましたが、これは今後のモチベーションに強く関わってくるのでできるだけ的確なワードをつかい、検索結果数を減らすようにリサーチすることをオススメします。

 

それでも、なかなかヒット数をしぼれない商品もあります。とくに安い商品になればなるほどその傾向がつよくなります。

 

そこで便利なのがこの「Advanced Search」です。

 

ここではより検索条件を厳しくし、さらに検索結果数をしぼり込みます。

さきに忠告をしておきますが、このツールは普段から使おうと心がけていないと使う習慣がつかないツールです。

 

理由は、いちいち設定をするのがめんどくさいと思ってしますからです。実際はそんなことありません。

 

少ない検索結果の場合ではもちろん問題ないですが、使う習慣がついていないと、検索結果が多くても使おうと思わなくなります。

 

人間とは素直な生きものです。

 

 

なので最初のうちはできるだけつかうことに慣れてください。

 

ではAdvanced Searchについてです。

写真のとおり振り分けをしましたので照らし合わせて確認してください。

1.検索キーワード欄

2.除外したいキーワードを打ち込む欄

3.カテゴリー指定

4.すいません、わかりません汗。おそらくはタイトルと説明文にキーワードが入っているものを検索するのだと思います。

5.終了した商品すべてを表示します。(売れたもの・売れなかったものすべてです)

6.売れたもののみ表示します。

7.金額範囲の指定ができます。

A.入力したキーワード、全てを含むものを検索します。

B.入力したキーワード、いずれかを含むもの検索します。

C.入力したキーワード、そのままの順序のものを正確に検索します。

D.入力したキーワード、それぞれの単語で検索します。

 

つらつら~と書きましたが、ぼくがよくつかうのはこの三つです。

2.除外したいキーワードを打ち込む欄

6.売れたもののみ表示

7.金額範囲の指定ができる欄

 

すべてを使いこなせるに越したことはないのでしょうが、この三つをつかうだけでもかなりの時間短縮ができます。

 

ほかにも

8. Auction=オークション形式

9. Buy It Now=即決形式

10. New=新品指定

11. Used=中古品指定

12. Not Specified=指定されていない商品

13. Listings ~ =終了時間まで ~ の商品

14. Sale items=出品中の商品

15. Best offer=価格交渉可能な商品

 

と、こんな感じになっていますが、番号が振られていないところはわかりません。すいません。

 

最後に

緑… 全世界どこにでも発送してくれる商品指定

オレンジ… ・From preferred locations= 発送先を限定している商品のみ表示

・Located in= 発送元を指定

青…    お気に入りや、いいねした商品を指定表示

ピンク… ・Sort by=並び替え

・View results=すいません、わかりません。

・1ページに表示する商品数

 

おおかたこんな感じとなっています。

 

絞込み機能は使いなれてくると使うときのイメージがなんとなく湧いてきます。

このように文字の書かれてるものを眺めているだけでは決して身につきません。まずはあなた自身でつかってみてください。

 

 

 

はじめはアレルギー反応(やりたくない精神)が出てくると思いますがまずは使ってみてください。

 

使えるものは使って、短縮できるものは短縮していくのがリサーチのコツです。

 

ぜひ試してみてくださいね。

ぼくよりも分かりやすく説明しているかたのページを見つけたので、良ければ覗いてみてください。

https://howtoebay.net/ebay-major-research/

 

そうそう。コツといえば、儲かる商品を見つけるのにもあるコツがあります。

 

そのコツとはなんだと思いますか?

 

 

これは次回までの宿題にしておきますね。まずはあなた自身でその答えを予想してみてください。

 

これを知っておくのと知らないのとでは大きな差が生まれますからね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。どうぞ次回をお楽しみに!

*感想、質問等ございましたらコメント欄もしくはツイッターまでお寄せください。お待ちしております。

Twitter… @undertree23

木下ゆうた

 

スポンサーリンク