eBay→ヤフオク転売ビジネス。おすすめリサーチ法を紹介。その3

2018年10月27日

どうも木下ゆうたです。

前々回からebay→ヤフオクへの輸入商品リサーチ方法を紹介しておりました。ではさっそく今回も続きをしていきたいと思います。

eBay→ヤフオク転売ビジネス。おすすめリサーチ法を紹介。その2

 

前回はマイセンで狙った商品がebayにないかを確認しており1品だけ紹介いたしましたね。

結局その商品では利益が出ないということだったので他にもebayに出品されてないか調べていきます。

 

ドラッグしてズイズイズイっと下にさがって行くとまた同じ商品を見つけました。

一点ものの商品ではないですから花の柄や位置などの若干のちがいはあります。この部分は気にしなくて大丈夫です。

むしろ見るべきは「状態」と「バックスタンプ」、「スクラッチがない1級品かどうか」でしたね。

ではこの商品はどうでしょう?

金縁の剥げや小花のスレなども見当たらず比較的良い状態と見てとれます。

ではバックスタンプとスクラッチは?

うん。サーベルがクロスしたマイセンのマークにスクラッチも見当たらないので1級品ですね。

これなら現在狙っている商品

と状態も同じそうなのでこの11,000円くらいには届きそうですね。少なくとも入札などからみても10、000円付近にはなることでしょう。

 

では今回の商品のお値段は?

赤丸のところにJPY 8,618とJPY 928と表示されています。これは日本円8,618円、928円ということです。

928円の横に「Shipping」と書いてありますがこれは日本でいうところの「送料」ですね。

なので今回は8,618円 + 928円 = 9,546円がこの商品の金額と考えます。

まぁしかし、為替やPayPalの手数料などの影響もありますから気持ち多めに見積もりたいところではありますから1万円くらいと取っておくのがベストです。

ということは、

 

ヤフオクでは10,000円~11,0000円相場。

こちらは約10,000円。

 

ヤフオクでは売れた時には価格の8.46%(H29.10月現在)の手数料がかかりますので仮に11,000円で売れたとしても手数料の930円がかかります。

するとこういう感じですね。

11,000円(売り上げ) -930円(ヤフオク手数料) -10,000円(原価)

= +70円(利益)

 

全然利益になりません(笑)

 

残念ですが次にいきましょう。

ちなみに緑丸のところにある「1 watching」というのはウォッチやメルカリでいうところのいいねと同じなので、ぼくたち以外にもこの商品に目をつけた人がいたんですね。

たぶん「一応チェックしとこっ」という感じでウォッチにしてるんでしょう。

 

 

それでは気を取り直して進みます。

 

ズンズンズンとどんどん進んでいきます。

 

 

今度はどうでしょう。こんなものがありました。

うーん似てますが形が違いますね。

値段を見たらJAY5,072、送料JAY3,489となっています。

となると合計8,561円ですから、まぁ9,000円と見ておくといいでしょう。

バックスタンプをみるとやはり同じマイセン。スクラッチもない1級品です。

「11 watching」とは結構な注目を浴びている商品ですね。

目標と同じように10,000円~11,0000円相場ならいいですがしかし今回は似てるだけでデータがはっきりしません。

 

「同じマイセンで同じ柄、そして1級品。うーんでもほんとに大丈夫かな・・」

 

そうです。

 

あなたのその疑いはまさに正解です。

 

 

実際ヤフオクの過去暦を「マイセン カップ」で改めて見ましたが、10,000円以上で同じタイプのティーカップセットが売れた形跡はありませんでした。

 

「似てるし」

「綺麗だし」

「過去暦がないのなら逆に…」

 

と希望的観測を含め考えてしまうのが人情ですがそこはあなたのその考えで正しいです。

 

物にも寄りますがこの手の商品はより大きくてより装飾が豪華、より状態が良いものが好まれる傾向にあります。

おそらくは希望金額までは届かないでしょう。

マイセンにとても精通しており細かな相場を知っている専門家や、これがどうしてもほしい!というマニアの方であれば買う価値はありますが、ぼくたちの様に専門家でもなければマニアでもない素人が手を出すと失敗する恐れが大きいです。

 

これは過去のデータに基づくビジネスであってギャンブルではありません。

 

たしかに、相場を知るために実験的に買う精神や度胸もときには必要です。

しかしこのビジネスを始めたばかり、もしくはまだまだビギナーの階級にいるという方がこの感覚で買ってしまうと後に大きな失敗をします。

 

かくゆうぼくがそうであったようにです。

 

さらにどんどん進んでこの「meissen cup」についてebayをすべて検索してみましたが、残念ながら今回は結果めぼしい商品は見つかりませんでした。

 

「ちぇ、なんだ見つからねぇのかよ」

 

と思った方もいるでしょう。

 

綺麗ごと抜きに、利益の出る商品が見つかるのがベストです。

利益率が高ければ高いほどに。

まだ他に見つかっておらず競争率が低ければ低いほどにです。

そのために貴重な時間をつかってリサーチをしているのですからね。

 

しかしすべてものは取りようです。

 

起きた出来事に意味を持たせるのか否か。それは受けた人が決めれる大切な権利です。

 

今回行った商品リサーチは決してムダなんかじゃありません

 

得た情報もあります。

・マイセンのバックスタンプや1級品の特徴

・マイセンカップの種類の豊富さ

・値段の相場

 

今回はぼくが文字や画像に起こして説明していきましたが、実際はあなた自身があなたの目や指や頭を使ってそのリサーチをおこなっています。

 

つまりその途中にあった気づきや得た知識はすべてあなたの脳にデータベース化されたのです。

これはいくらぼくが文字に起こしても伝わりませんし、誰かに盗まれるものでもありません。

 

あなたただ一人だけの貴重な経験と情報なのです。

 

そしてその積み重ねた経験と膨大な情報がのちにあなたの「勘」として作用してきます。

 

ここまで来たらあなたが成功する日は確実に近づいています

 

利益の出る商品を見つけるという行為とは言い換えれば、

利益が出ない商品を排除するということでもあるからです。

 

今回の「マイセン カップ」のあの柄、金縁、1級品、あの状態であれば、日本でどれくらいの金額で売れるのかが判ったあなたは「これくらいの金額で出品されていれば買いだな」という勘がそなわったと思います。

今回であれば送料込みで7500円までであればそれなりの利益が得られるでしょう。

 

ではそれ以上高いものは目で見て省けばいいですし、絞り込み検索をかければ更に効率よく商品リサーチができます。

 

「今回見つからなかったんだしそんなに安く売っているわけないだろ」

 

と思うかもしれません。

 

しかしもしあなたが7500円くらいの出品を見つければすぐに買うと思います。ということは他のバイヤー(買い手)も同じ様に考えるはずです。

 

その証拠がwatchingの数でした。

 

これが競争者の少ない商品であればどうでしょう?

 

出品されたばかりの商品ならどうでしょうか?

 

この考え方はきっとあなたの血となり肉となり、いずれ良い作用をあなたにもたらすとぼくは確信しています。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。どうぞ次回をお楽しみに!

*感想、質問等ございましたらコメント欄もしくはツイッターまでお寄せください。お待ちしております。

Twitter… @undertree23

木下ゆうた

eBay→ヤフオク転売ビジネス。おすすめリサーチ法を紹介。ラスト

 

スポンサーリンク