ヤフオクでの失敗。出品時にやってしまう”慣れ”失敗に注意すること!

ヤフオクでの失敗。出品時にやってしまう”慣れ”失敗に注意すること!

どうも木下ゆうたです。

前回はeBayで商品を仕入れる際に、”慣れ”で失敗してしまうので気をつけましょうというお話をしました。

今回は”慣れ”つながりで、ヤフオクで出品する際にやってしまいがちな”慣れ”失敗についてお話ししたいと思います。

 

 

ヤフオクでは出品する際いろいろな設定をすることができます。

オークション形式出品、定額出品、値下げ交渉つき定額出品。

ほかにもカテゴリー設定や配送方法設定、ライバル商品よりも目立つようにできる注目のオークション設定などです。

 

もちろんもっと他にもありますが、これらの設定は基本的に出品のつど手動で設定しないといけません。

しかしヤフオクには下書き設定なる機能もあります。

これは、出品する商品の詳細情報やその他設定したものを書き溜めることができる機能です。

 

とうぜん下書きをつくる段階では手動でもろもろの設定をしなくてはなりませんが、今後同じような商品を出品する場合はこの下書きをひらき、すこし変更するだけでかんたんに次の商品を出品できるようになる便利な機能です。

 

ほかにも、一度売れた商品欄から再出品という形で出品をおこなうと同様に時短して商品をだすことができます。

 

 

このように詳細情報を記憶してくれている機能は使い手としてはたいへん便利なものであります。

が、それと同時に落とし穴もあります。

 

それは設定ミスをして出品してしまうことです。

 

 

「???」とあなたは思ってしまうかもしれませんがとってもシンプルです。

 

設定を記憶してくれているがゆえに、しっかりと確認をせずに出品してしまうということです。

 

 

 

たとえば同じ商品を出品するにしても前回とはちがうやり方で出品したい場合だってあります。

前回は定額出品でしたが今回は相場がすこしさがってきたので1円スタートのオークション形式で出品しようとしたときに、金額は1円に変更していますが出品形式を定額出品からオークション形式に変更し忘れてしまった、ということがあります。

ヤフオク出品形式

 

 

ほかにも自動延長という、オークション終了5分前の入札があったときに自動的に5分延長してくれる機能がありますが、こちらも設定しわすれることもあります。

ヤフオクでの自動延長設定欄

自動延長設定をしていないと、せっかく入札者さんたちが競り合って金額を上げてくれるのに値が上がりきる前にオークションが終了してしまうという事態がおこります。

ヤフオクではそのほとんどが自動延長設定となっています。

入札者さんたちもそれを踏まえて入札にきていますので、もし自動延長設定をしていなかったとしたら想像以上に安い金額で落札されることになってしまいます。

これはひじょうにもったいないミスです。

 

ぼくも以前、自動延長の失敗ではありませんが定額出品からオークション形式出品に変更した際、設定ミスにより出品価格の1000円で落札されるという失敗をしたことがあります。

相場ではその商品は1万円くらいでしたのでまさに大赤字でした。

 

 

下書きにしろ再出品にしろたいへん便利な機能ではありますが、出品の際には「大丈夫だろう」という心構えではなくきちんとすべて確認して出品するようにしてください。

できれば商品説明文もすべてチェックしておくとなお安心です。

とくに発送方法の部分や梱包サイズなどの細かなところの変更しわすれがよくあります。

 

細かな部分ではありますがそのような小さな失敗やケアレスミスが積もって大きな損失やクレームにつながります。

 

日ごろから出品前にはかならず一度自分でチェックして出品するようにする、この些細なよき習慣があなたを良い方向に導いてくれます。

 

“慣れ”失敗

 

あなたも十分ご注意ください。

 

木下ゆうた

スポンサーリンク