利益率の高いビジネスとは?eBay輸入で利益のでる商品をさがすとき、押さえておくべきたった1つのこと。

2018年9月16日

どうも木下ゆうたです。

 

数あるネットビジネスのなかでもeBay輸入は利益率や即金性が高いビジネスです。

 

ぼくたちはeBay輸入をとおして副業として収入を増やしたり、あるいは脱サラという独立をめざしています。

 

そしてこのビジネスで収益を得るためには、とうぜんながら海外と国内で差額がある商品を取り扱わなければなりません。

 

では価格差のある商品とはどの段階での話なんでしょうか?

ちょっとわかりにくい表現ではありますが、この問いに対する答えを明確にしておかなければなりません。

 

eBay輸入に取り組んでいる方であれば日夜ヤフオクとeBayを見比べて利益のでる商品を探していることでしょう。

しかしリサーチをしてる内に「なんだかよくわかんなくなってきた」という経験があるのではありませんか?

 

これは目標が明確になっていないため、いまの行動がブレていることがおもな原因です。

 

多くの方が勘違いしやすいのですが、ヤフオクとeBayをつかって利益のでる商品をみつけるためには、
「ヤフオクの過去歴」と「eBayの過去歴」を比較しなければなりません。

 

そう。ともに過去歴なのです。

 

たいせつなところなので表現を変えて言うと、
「ヤフオクの過去歴」と「eBayの現出品商品」を比較してさがすのではないと言うことです。

 

リサーチを始めたころはきちんと基本に従い 「ヤフオクの過去歴」と「eBayの過去歴」を比較して差額のある商品をさがしていますが、思うように儲かる商品がみつからないと段々 「ヤフオクの過去歴」と「eBayの現出品商品」のリサーチに移行しがちです。

 

すると頭の中が混乱してきて自分がいま何をやっているのかわからなくなってきてリサーチ自体がイヤになります。

 

最初は燃えるように熱かった想いもそのような状況がつづくと次第に冷めていき、挫折の一途をたどることになってしまいます。

 

「ヤフオクの過去歴」と「eBayの現出品商品」ではなく、

「ヤフオクの過去歴」と「eBayの過去歴」。

 

この二つをしっかりと比較して価格差があることがわかったら、そこではじめて現在おなじ商品が出品されていないかを確認するのです。

もしくは次回出品されるときを虎視眈々とねらうのです。

 

そして出品されたら迷うことなく仕入れる。

この流れがたいせつです。

なんでもそうですが、頭の中を整理して行動すると効率よくものごとを進めやすいですしモチベーションも下がりにくいです。

オススメは自分自身の現状や気づきを紙に書き出してみることですね。

 

『問題点を視覚化する』

『アウトプットする』

 

これらは想像しているよりも効果があります。

 

自分がいま何に迷っているのか、どんなアプローチの仕方をすれば儲かる商品をみつけやすいのかなどです。

 

あなたなりのやり方を模索しつつ、利益のでる商品をたくさん見つけ出してくださいね。

 

木下ゆうた

スポンサーリンク