転売ビジネスの仕入れ先はeBay。持つべき大事なマインドとは?

2018年10月27日

アマゾンの出品規制強化により、米アマゾン輸入や中国輸入がだんだんとむずかしくなってきている昨今。

ぼくの推測ではヤフオクをつかったeBay輸入があらたに注目されはじめると思います。

第二次eBay輸入ブームと呼ぶべきなのでしょうか。

 

理由は変わらず利益率が高いからです。

これを読んでいるあなたはその波が押し寄せるまえにeBay輸入の技術を身につけちゃいましょう。

 

今回はeBay輸入において大切なマインド、考え方についてです。

といってもこれは転売ビジネスといわれるすべてにあてはまることなのではないでしょうか。

 

 

ぼくがeBay輸入で儲かる商品のリサーチをはじめたころは、あなたと同じように儲かる商品がぜんぜん見つかりませんでした。

eBay輸入における儲かる商品の基本は、

「ヤフオクの相場」と「eBayの相場」を比較することです。

 

あたりまえでしょ?とあなたは思うかも知れませんが当時のぼくはそれすらちゃんとできていませんでした。

そのとき狙っていたブランドをeBayサイトでだけひたすら見つづける日々です。

リサーチのリの字も知らなかったぼくはこのように考えました。

 

「まずはeBayの相場を知らなくちゃいけない。
手当たり次第見つづければそのうちなんとなく相場が読めるようになる」

この”なんとなく”という言葉は転売ビジネスにおいてひじょうに危険な言葉なので気をつけてくださいね。

 

とうぜん結果はうまくいきませんでしたが、
それでも当時のモチベーションには我ながら感服します。

アルバイトを終え帰宅後、寝るまでリサーチ。
休みの日は10時間以上リサーチ。
通勤中や何かの待ち時間でさえもスマホでリサーチ。

要領はとても悪かったのですが不器用なりに儲かる商品のリサーチに明け暮れました。

しかしヤフオクとeBayの両方を見ないと意味がないことにのちに気づきます。

あたりまえのことではあったのですが、やってる当人はがむしゃらにチャレンジしていたのでそんなあたりまえなことさえ見えていなかったのが正直なところです。

お恥ずかしい…。

 

そんなぼくでも現在では脱サラし、eBay輸入で数十万円と稼げるまでになっていることはじぶんでもすごいと感じる今日この頃です。

 

 

儲かる商品リサーチに正式なマニュアルはないとはいえ効率のよいリサーチ法はあるものです。

ヤフオク→eBay

これがセオリーです。

 

ほかにも

eBay→ヤフオク

このアプローチの仕方もありますが、

最初は

ヤフオク→eBay

をおすすめします。

 

リサーチをやり始めたばかりのときは儲かる商品がみつからず気持ちも沈みがちになりますが、それは見方をかえれば、

「儲からない商品を見つけている」

ということになります。

 

リサーチにおいて大切なのは

「儲かる商品」と「儲からない商品」の両方からアプローチすることです。

 

そう意味ではぼくが最初にやっていたリサーチでさえも結果ムダではなかったのかなと、いまでは思います。

「儲かる商品がみつからいないなぁ…」

と思ったときは同時に、

「儲からない商品」を見つけているということ。

 

ムダなリサーチではありません。

 

「儲かる商品」と「儲からない商品」両方からアプローチをかけ、すこしでも早くあなたの利益につなげてくださいね。

やり方はブログ内でたくさん教えています。

 

追伸

現在ココナラで初心者用のeBay輸入テキストを提供しています。

正直かなりの破格です。

「やってみたいけどまだ迷っている・・」

「一度挑戦したけどよくわからず挫折してしまった」

「ほかの転売は利益率低いしちがうビジネスをしようと思っていた」

「今年は何かあたらしいことをはじめようと思っていた」

そんな方に特にオススメです。

 

各種サイトの登録から儲かる商品のリサーチ法まで丁寧に画像つきで解説しているので、より早く利益につなげることができます。

ぼくがこのビジネスをやり始めたころにほしかった情報を意識してつくったeBay輸入テキストとなっておりますので、ぜひご覧ください。

月収20万円。稼げる副業、eBay輸入おしえますなぜ、一部の人たちはいつも儲かるのか?だいじな3つのポイント

 

追伸2

「儲かる商品そのものが知りたい!」という方にはこちらがオススメです。

利益総額68万円!驚愕の儲かる商品リスト教えますあきらめそう?くじけそう?ではこれを見てください。

 

木下ゆうた

 

スポンサーリンク